ルーブル美術館

Parisの観光地ばかりを取り上げており、見慣れた写真ばかりかもしれず、
申し訳ありませんが、記録させていただきます--;



以前訪れた際には、この地下でウロウロしただけでした。
a0161000_17261746.jpg

休館日だったのです^^;

今回は入ることができました!
bonjour!ニケ!
a0161000_17265293.jpg


いかさま師
a0161000_17271672.jpg


?有名な絵のようです。
a0161000_17274282.jpg


再び、エッフェル塔も見えます。
a0161000_1738174.jpg


と、いうか相当広くて建物の造りがわかりにくい!
時間をかけてゆっくり観るのも良いですが、有名どころを抑えるだけで疲れてしまいました…。
値段がつけられないほどの芸術品を素通りする贅沢さ。
なんなんでしょう、ここは!
a0161000_17281016.jpg


建物自体が究極の芸術品です。
a0161000_1729176.jpg


これで入場料が12euroだったと思います。
安い~。
しかも写真撮影できちゃうし。
こうしてフランス人は普段から芸術的センスを磨いているのでしょうね~。

こんな注意書きもユーモアがあって素敵です。
a0161000_17294287.jpg



この後、近くにある「Le fumoir <ル・フュモワール>」というちょっと有名なCafeへ。
a0161000_17302082.jpg

図書室のような空間があるCafeなのです。
a0161000_17304296.jpg



ルーブル美術館のすぐそばにあるので機会があれば、ぜひ~。
a0161000_1731421.jpg


落ち着いた素敵な空間でした~。

Le Fumoir
6,rue de l'Amiral Coligny 1er
11:00~翌2:00
[PR]
# by chielie31 | 2011-07-10 17:38 | 2011 France

サントシャペル

コンシェルジュリーのすぐ近くにサントシャペルがあります。
チケットも2箇所込みで購入できます。

ここ1階は、普通ですが教会内部を撮影できること自体不思議な感覚で、かつ恐れ多いですね。
a0161000_1051045.jpg


個人的に好きな柱があったり。
a0161000_10512385.jpg


よくわからないものがあったり。
a0161000_10514036.jpg




では、メインとなる2階へ。
a0161000_10523139.jpg


美し過ぎます・・これが人間の業なのでしょうか・・
a0161000_1052572.jpg

言葉になりません。感嘆のため息があちらこちらから聞こえます。

これ、ひとつひとつに物語があるそうですね。
a0161000_10553997.jpg




外観はかなり地味ですが、こんな圧巻なステンドグラスになっているとは!
a0161000_1056218.jpg


2階部分が全面ステンドグラスなんです!

パリへ訪れた際にはこちら必見です~。
[PR]
# by chielie31 | 2011-07-05 11:01 | 2011 France

コンシェルジュリーとマリーアントワネット

ヴェルサイユを訪れた翌日だったか、パリにあるコンシェルジュリーというところを訪れました。

(かつての)牢獄です。

そして、マリーアントワネットが処刑される前に2ヶ月半過ごした場所でもあります。


国民を敵に回したマリーアントワネットですが、他の囚人とは扱いが違い、
比較的広くて設備も良い独房に入っていたようです。


この扉の向こうが彼女の独房です。
a0161000_12594431.jpg


再現されているんですね。いますよ。
a0161000_130745.jpg



私が知っているマリーアントワネットは、こんなかわいい女性や
a0161000_1303679.jpg


こんな綺麗な女性です。
a0161000_131394.jpg





ここ、コンシェルジュリーにいる頃の彼女は、こんな感じだったようです。
a0161000_1313397.jpg


なかなかの衝撃でした。
華やかなマリーアントワネットを日本人はよく知っていると思います。
ヴェルサイユのあの豪華な住まい。
そしてその最後はこの独房。

盛と衰。

まさに歴史を感じる対照的な場所でした。

きらびやかなヴェルサイユも良いですが、ここコンシェルジュリーを訪れてみるのもおすすめです。

歴史を肌で感じることができるかも!
[PR]
# by chielie31 | 2011-07-04 13:04 | 2011 France

ヴェルサイユとマリーアントワネット

2回目の訪仏で初めて、かの有名なヴェルサイユへ行って来ました。

こちらもRERでパリから30分。
簡単に行くことができます。ガイドブックにも多く載っているところです。



絢爛豪華なヴェルサイユ宮殿はやはり必見でした。
それにしても人の多いこと!

a0161000_19524728.jpg




宮殿の中には、マカロンでおなじみのLadureeのショップがありました。

かわいいですね~。
a0161000_19531085.jpg





宮殿もかなり大きいですが、
a0161000_1954329.jpg




広大な敷地に圧倒されます。
a0161000_1954286.jpg


敷地内に運河があるとは....規模が違います。

今はこの運河でボートを漕ぐこともできるんですねぇ。

やりたいとは思いませんけど。


大きな宮殿も見所満載ですが、心惹かれたのは同じ敷地内にあるマリーアントワネットが過ごしたGrand Trianon と Petit Trianon です。
a0161000_19555215.jpg



圧倒される迫力は無いものの、お姫様のおうち、というか、
もう可愛すぎてキュンキュン053.gifしちゃいます。
a0161000_1956232.jpg


イチイチかわいいのです。
a0161000_19572398.jpg


何なのでしょう、この色使い!
a0161000_19575416.jpg



乙女心、なんて言ってる場合ではない年頃ですが、
もう素敵過ぎて乙女心をくすぐられっぱなしでした。エヘ012.gif

a0161000_19583422.jpg




ここは本当に来てよかったです。
a0161000_19594947.jpg





結構長いこと歩いてたどり着いたこのトリアノンたち。

敷地の広さが尋常ではありませんからね・・・



なんと宮殿とトリアノンを結ぶPetit Trainがあるではないですか!
たしか3ユーロくらいだったと思います。
疲れ果てた我々は迷い無く乗り込みました。ラクチン~♪
a0161000_2002691.jpg



宮殿を出るときに見かけました。

a0161000_2004612.jpg


感動です!



ヴェルサイユ、素晴らしかったです。
また行きたいな。
日光浴やら森林浴で一日過ごせそうです。
一日あれば、ボートを漕ぐのも良いかもしれません^^
[PR]
# by chielie31 | 2011-06-30 20:08 | 2011 France

クレールがナンパされたお城へ つづき

今は観光地となっていますが、お城の中に図書室などがあることから、
本当にこのお城を使っていた貴族がいたのだなぁと、実感しました。
a0161000_23172357.jpg


庶民へ開放してくれてMerci!
a0161000_2317568.jpg


さて。
クレーム・シャンティイが生まれたシャンティイ城で、クレーム・シャンティイを食す!

という最大の目的を果たすべく、お城内にあるレストランへ行きました!
力一杯おしゃべりをしている欧米人のおかげで、かなーり賑やかです!
a0161000_2318324.jpg


このレストランで、クレーム・シャンティイがのったデザートを楽しんでいたクレールがレストランのギャルソンにナンパされるんですよ。
(クレールは「このあと仕事をしなきゃならないの。」と断っていました。)

同じ場所にいる~!
a0161000_2319344.jpg




残念ながら、クレールをナンパしたギャルソンは俳優さんだったようですね。
かわいらしいギャルソンと、すごく感じがよくて仕事ができそうなマダムがレストラン内を楽しそうに動き回っていました。

お城の中で食事するなんて、夢がひとつ叶ったみたい!
フランス語講座でチラ見した場所に本当にいるなんて夢みたい!


パン、メイン、チーズまたはデザートで一人23ユーロです。
a0161000_23194341.jpg

クレーム・シャンティイを食べるならデザートを選びましょう。
a0161000_2320271.jpg


食事はとってもおいしかったです!
やはり、デザートは特に美味しかったです!
かなりのボリュームですが、そんなに重くなかった記憶があります。

クレーム・シャンティイは、いわゆるホイップクリームのようですね。
17世紀の有名な料理人ヴァテールがこのお城で考案したのがきっかけで、そう呼ばれるようになったそうです。
a0161000_23203823.jpg

城内では今も残るヴァテールの厨房で、クレーム・シャンティイ作りの教室が開催されることもあるらしいです。
お城での結婚式が日本人には人気だとか!
C'est romantique!
a0161000_23205885.jpg

[PR]
# by chielie31 | 2011-06-22 23:25 | 2011 France