<< 少子化に歯止めをかける。 早起き計画 ~できる女になるた... >>

猫の糖尿病 その後

家でニャンコに薬を飲ませた一週間が経過し、その後病院へ連れていくと、
思ったほど薬が効いておらずインシュリン注射を打つことになりました。
体重がかなり減っているのも気になるため、点滴も。

その後一週間くらい経ちますが、インシュリンを打つために毎日通院させています。

案外黙って注射させるらしい。。。


数日前までは、食べては戻したりしていましたが、今朝はモリモリ食べてて
その姿がかわい過ぎてたまりませんでしたー!(^^親ばか)

糖尿病が完治することはないでしょうが、少しでも元気に、楽になってくれたらな、と思います。
a0161000_1371374.jpg



こちらの動物病院、なるべく入院はさせず、家族と過ごす時間を大切に。という方針のようです。
よほど命の危険がある、という時は入院も仕方ないそうですが。

ウチのニャンコのエサは、いくつかあるうち、よく食べていたものをチョイスしてくれました。
少しの滞在中に観察してくれてたんですねー。


とても良い病院だと思います。
[PR]
by chielie31 | 2010-07-15 12:06 |
<< 少子化に歯止めをかける。 早起き計画 ~できる女になるた... >>