タグ:映画 ( 14 ) タグの人気記事

オーケストラ! /Le concert

原題:Le concert(邦題:オーケストラ!)
2009年 フランス
監督:ラデュ・ミエイレアニュ/脚本:同左、アラン=ミシェル・ブラン、マシュー・ロビンス
原案:ヘクトール・カベッロ・レイエス、ティエリー・デ・グランディ
出演:アレクセイ・グシュコブ、ドミトリー・ナザロフ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ミュウ=ミュウほか
言語:ロシア語/フランス語
時間:124分



1980年、ロシア・ボリショイ交響楽団から多くのユダヤ人が連行され、それに反対した天才指揮者のアンドレイも楽団を解雇されてしまう。アンドレイはいつか復職する日を夢見て、30年にもわたり劇場清掃員として働いていたが、ある日パリのシャトレ座から送られてきた出演依頼を見つけ、偽のオーケストラを結成することを思いつく。
a0161000_1885969.jpg


このフランス映画もまた、素晴らしい映画でした!
(8月中旬に観に行ったのですが、今頃書いています・・・)

夢見ることって素敵だな、大事だな、と思えました。

夢をあきらめることは簡単だし、時には必要なことかもしれませんが、
夢を見続けることって、本人にとっては幸せがずっと続くことなのかもしれません。

たまに、切なくなったりもしながら幸せを感じることができるのでは?と思います。

幸せって自分自身が決めることですからね!


この映画、フランス語だと思って観に行ったのですが、半分ロシア語でした^^;
ロシア人ってこんなに荒々しいの?って思ってしまうほど、
劇中のロシア人が滑稽に描かれていました。


ユーモアたっぷり、泣いたり笑ったり、ドキドキしたり。
コミカルに描かれており、夢中になって観ていました。

最後は思わず立ちあがって拍手をしたくなりました。


それにしても、この主役の俳優さん(ロシアの名優らしいですね)、
高校時代の世界史の素敵な先生にすごく似ていました!
(私は日本史専攻してましたが。)
かっこよかったですよ^^


またまたオススメの映画です♪
[PR]
by chielie31 | 2010-08-30 18:09 | 映画

インセプション /Inception

原題:Inception(邦題:インセプション)
2010年 アメリカ合衆国
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、トム・ハーディ、
   マリオン・コティヤール、エレン・ペイジほか
言語:英語
時間:143分


人が眠っている間にその潜在意識に侵入し、他人のアイデアを盗みだすという犯罪分野のスペシャリストのコブは、その才能ゆえに最愛の者を失い、国際指名手配犯となってしまう。そんな彼に、人生を取り戻す唯一のチャンス「インセプション」という最高難度のミッションが与えられる。
果たしてこのミッションは成功するのか―。
a0161000_1722111.jpg


すごい映画でした!!!


こんな複雑な映画、ストーリーを考えた人、凄すぎます…。
複雑だけど、全く理解できない範囲ではなく、ぐいぐい引き込まれます。
こんな複雑なストーリーをもし本で読んでも読み進める自信はありません。
まさに、ザ・ムービー!
映画ならではの迫力や臨場感、すべてが詰まっているような気がします。

絶対に映画館で観た方がいい!!

と言われて、素直に観に行って大正解でした。ありがとう。


夢だからこそ、どんなシチュエーションも考えられ、自由に描ける、という点で
すごく伸び伸びとした感覚を覚えました。
なんか変な表現ですが。
誰でも見る夢だからこそ、身近な気がしましたが、あまりにも壮大で夢って…怖い?


とにかく、今でも映画のことを考えてしまいます。
昨夜のワタシの夢にはレオ様やケン・ワタナベ が 豪華勢揃いでした。
それにしても、恋愛じゃないですけど、寝ても覚めても思わずにはいられない、みたいな。


抽象的なことしか言えませんが、とにかく素晴らしい映画でした。
今のところ、2010年ベストムービーかも。

個人的には、イケメン揃いだったと思います。
ジョセフ・ゴードン=レビット 彼の顔立ち、好みでした^^
a0161000_1733723.jpg
トム・ハーディ
a0161000_1734829.jpg


良い役者になりましたね!
a0161000_1753642.jpg
かっこいい!!
[PR]
by chielie31 | 2010-08-19 17:13 | 映画

ベスト・キッド/THE KARATE KID

原題:THE KARATE KID(邦題:ベスト・キッド)
2010年 アメリカ合衆国
監督:ハラルド・ズワルト
製作:ウィル・スミス、ジェイダ・ピンスケット・スミスほか
出演:ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェンほか
言語:英語/中国語?
時間:140分



極めてわかりやすいストーリーで、何も考えることなく、楽しく鑑賞することができました。
笑いあり、涙あり。


ミヤギさん&ダニエルさん の ベスト・キッドを子供のころよく観ていました。
すごく好きな作品だったので、今回もどこかで期待していた美しい師弟愛もすごく良かった☆


チェンの初老風なイデタチもしっくりきたし、やはり何よりあの優しい笑顔に癒されました。
実際、とても強い男のイメージがあるので、強いおじさん役はピッタリ。
安心できますよね。
いつ強さを発揮するの?とワクワクしながら観ていました^^
ワタシの子供時代には修行を積んでいたチェンがお師匠さんです!


ウィル・スミスの息子で主人公のジェイデン・スミスくん、女の子のようなきれいな顔立ちで
表情がとても上手。すごくかわいかったです!!!!!


劇場はなんと満席!!
ちょっとなめてかかっていたので、驚きです。
おかげで、前から2列目に座ることになり、観にくいこと極まりなし。
これで字幕だったら、観ていられなかったかも。
吹替えの声優さんもとても良かったです。


意外にも子供連れの方はそこまで多くなく、老若男女多数!


映画内容に詰めが甘い。と感じるところもありましたが、観て良かった映画でした~。
もっと深く掘り下げても良いな、と思えるところも多々あったので、
もしかして②も製作されるかもしれませんね。


影響されて、早速その日の夜に柔軟体操なんてしてみたり。
やっぱり、強いのってかっこいい♪
[PR]
by chielie31 | 2010-08-17 16:20 | 映画

すべて彼女のために/POUR ELLE

原題:POUR ELLE(邦題:すべて彼女のために)
2008年 フランス
監督:フレッド・カヴァイエ
出演:ヴァンサン・ランドン、ダイアン・クルーガー、ランスロ・ロッシュほか
言語:フランス語
時間:96分


無実の罪で投獄された妻を救うため、男はすべてを捨てた。彼女のため、愛のために―
フランス、パリ。一人息子と三人でジュリアン(ヴァンサン・ランドン)とリザ(ダイアン・クルーガー)は平凡ながらも幸せな生活を送っていた。しかし、ある朝、リザが殺人容疑で逮捕され、全てが一変してしまう。妻を愛するジュリアンは、ただ一人彼女の無実を信じ、救いだすために、ある決意を固める。思いつめた末に彼がとった行動とは?そして、その時リザは?


公式ホームページはこちら →  

非常に面白い映画でした!!
恋愛ものかな、と軽い気持ちで観たのが本音ですが、
もう、びっくり! 引き込まれる!
サスペンスチックです。
次はどうなるの? 次は? と前のめりになっていました。
夢中で観ていたせいで目が乾くような感覚さえありました。


所々で出てくる人の絆、というか関係性が、より映画をピリッと引き締めていたような気がします。
胸がドキドキしている中でほっと一息つけて、ホロロとなるような。

こんなフランス映画も素晴らしい!と思いました。
最近観るフランス映画はどれも上質なものばかりで感心します。

特に今回のこの映画は、フランス映画をちょっと苦手と思っている人にも
お勧めできる映画だと思いました。
サスペンス好きにも良いと思います~。

この良い映画をワタシ達を含め6人程度で鑑賞したのがもったいない気がしました~。


『POUR ELLE』 の ELLE=彼女=ハリウッド女優 ダイアン・クルーガーが
演じていたのですが、彼女はドイツ出身だったんですね~。
すごく美しい人です。
『トロイ』や『ナショナルトレジャー』に出演していたので有名ですよね。
フランス語も英語も堪能です。素晴らしいですね!


・・・長崎セントラル劇場は 月曜日は男性は1000円で鑑賞できますよ~。

お得☆
[PR]
by chielie31 | 2010-08-05 12:34 | 映画

Sex and The City 2

原題:Sex and the City 2(邦題:セックス・アンド・ザ・シティー2)
2010年 アメリカ
監督:マイケル・パトリック・キング
出演:サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソンほか
言語:英語
時間:147分



ガールズトークの発祥ですよね、恐らく。
痛快愉快で、面白かった~♪
そして、ビッグの良い男ぶりに、九州女子はメロメロでした~(*。*


ところで『SATC』って存在を知らないときに、見ていたブログにたびたび登場していたのですが、

『サットゥクッ』 って何?ってずっと思ってました。
短く言えるのでこの言い方は便利ですよ?


ドラマの時は、かなり際どいシーン・会話のオンパレードっていうイメージだったのですが、
映画『SATC』は、そこまで際どい場面はなく、また今回の『SATC2』もそうでした。
まあ、観賞に年齢制限があるのは納得ですけどね。

a0161000_12474227.jpg

今回も、
かけがえのない、女性4人の変わらぬ友情には感動させてもらいました~!
彼女たち4人はそれぞれが自分というものをしっかりと持っていて、その上で相手に接する。
良い距離感が変わらぬ友情を実現させているような気がしました。

ブレブレな自分は、やっぱり人にアドバイスするにも、なんだか薄い。。。と感じてしまいます。
最近は特に。
建設的な話し方ができないのも最近の悩みの種だったりします。
あ、話がそれてしまった。。。


舞台や背景は、現実の自分と天と地ほどかけ離れているのに、わかるー!と思える女心。
人間って本質は同じなのかしら。と思っちゃいますね。
40代50代の気持ちも容易に想像できるような。

映画のパート1がすごくパンチが効いていたので、2はそういう意味では穏やかでしたが、
相当笑いましたよ~!
何もかもがゴージャスで普段とは違うためワクワクしましたし♪
思い出しては、ほんと面白かった。って思っちゃいます。


女性が多かったですが、カップルもいましたね。
ワタシたちの後ろには8人組の女の子たちがいましたし。

女子必見☆
[PR]
by chielie31 | 2010-06-16 12:57 | 映画

Yuki & Nina

原題:Yuki & Nina(邦題:ユキとニナ)
2009年 フランス・日本
監督・脚本:諏訪敦彦、
イポリット・ジラルド
出演:ノエ・サンピ【ユキ役】、アリエル・ムーテル【ニナ役】、
    ツユ・ブリッドウェル【ユキのママ】
、イポリット・ジラルド【ユキのパパ】
言語:フランス語・日本語
時間:93分
主題歌:ううあ「てぃんさぐぬ花」 歌:ううあ&大島保克 三線:大島保克
      (あのUAです)


ユキはフランス人の父と日本人の母とパリで暮らす9歳の女の子。
ある日、母が父と別れてユキと日本で暮らしたいと考えていることを知り
親友のニナと一緒に、両親を仲直りさせるために奔走する。
ユキはやがて深い森の中で、自分の心と向き合い、一歩踏み出していく――
a0161000_20461685.jpg

(公式ホームページより。右がユキちゃん)

タイトルから、二人の友情のお話かしら。と思っていたのですが、深かったです。
離婚させないように行動する健気な姿には切なくて胸が詰まってしまいました・・・。
でも子供のかわいらしさに顔がほころぶこともしばしば。
とても良い映画です。


大人の事情での離婚とそこで生じる子供の感情。

本当にどこにでもあるような話で、フランスだから離婚が多い。
とは言えない時代になってきていますよね。

「悲しくなるのに、どうして離婚するの?」
「今のままだと、もっと悲しくなるからよ。」

理解するの、難しいと思います。


それでも、子供の適応能力の高さには目を見張るものがあり、
思っているよりはるかに大人なんだと思いました。
すっごく敏感だし。

いろいろと考えさせられました。

ユキ役のノエちゃんは、実際に日仏ハーフの子供らしいです。
かわいすぎました♪
初演技とは思えないほど素晴らしい!

ママ役の日本人:ツユさんという方がフランス語がキレイだと思ったのですごく気になりました。
少し調べましたが、あまり情報がありませんでした・・・。
日本人ってことは確かです^^;
仏・英・日・韓 の4ヶ国語を操るみたいです~すごい!!!

『CLOSE TO YOU』という映画で、主演女優賞を受賞されたこともあるみたいです?
2000年のAngers映画祭で? さだかではありません・・・。


何回も観たい映画になりました。
長崎セントラルで今週金曜日までの上映です。 なぜに1週間のみ~!!
[PR]
by chielie31 | 2010-06-07 20:58 | 映画

Moliere

原題:Moliere(邦題:モリエール-恋いこそ喜劇-)
2007年 フランス (今、2010年ですけど・・・--;)
監督・脚本:ローラン・ティラール、共同脚本:グレゴワール・ヴィニュロン
出演:ロマン・デュリス/ファブリス・ルキーニ/リュディヴィーヌ・サニエ 他
言語:フランス語
時間:120分



面白かった!!!

ロマン・デュリスが主演である、という情報だけで観に行きました。
彼は『スパニッシュアパートメント』『ロシアンドールズ』での情けない青年のイメージがぴったりでしたが、今回の、劇作家?喜劇役者もまたハマリ役!!
一般的にイケメンではないと思いますが、色気も漂わせていましたよ~♪

2007年モスクワ国際映画祭主演男優賞受賞です。納得。
フランスのジョニー・デップ と言われているとか、いないとか。
a0161000_23433560.jpg



モリエールとは、フランスのシェイクスピアとも呼ばれた劇作家で実在の人物です。
彼の、人々の記憶に残る作品はどのように生み出されたのか、よくわかる内容です。
っと言っても、空白の2年間を描いたフィクションだったんですね~。
こうだったのではないか。と。
そう考えると脚本が素晴らしい。


映画では、人の気持ちや行動が面白いように絡まっていき、ラストまでどんどん繋がっていきます。
観ていて気持ち良かった☆
声を出して笑ってしまう場面もちらほら。

サブタイトル:恋こそ喜劇 とはよく言ったもので、恋をすると人は行動的・積極的になれたり、どんなことでもできそうなパワーでみなぎっている。
それが滑稽に見えることも・・・?

そんな滑稽だけど、いとおしい登場人物たちが、最高に魅力的で面白い映画でした☆


フランス語は・・・撃沈。聴き取りにくかったです・・・。
がんばらんば!と、またしても気合いだけは入りました(^^;
[PR]
by chielie31 | 2010-05-25 23:49 | 映画

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 アンコール上映決定!!

この喜びを表現するのが難しい・・・。

6月19日(土)から全国の劇場でアンコール上映決定です!
自宅でDVD鑑賞はするものの、やはりスクリーンでマイケルを観られるのは本当に嬉しい!!
やっぱり迫力とか音響とか(自分の)気持ちとか、全然違うんですよね~。

地方長崎でも、
ユナイテッドシネマ長崎様で、6月19日(土)から2週間、上映されるようです!
ありがとうございます!

見逃した方、これを機会にぜひ一度ご覧になってはいかがですか?^^



God bless you, CN
[PR]
by chielie31 | 2010-05-24 23:38 | 映画

SHUTTER ISLAND/シャッターアイランド

原題:SHUTTER ISLAND(邦題:シャッターアイランド)
2009年 アメリカ
監督:マーティン・スコセッシ(マイケルの「BAD」のPVの監督だった!)
原作:デニス・ルヘイン(「ミスティック・リバー」原作者)
出演:レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ 他
言語:英語
時間:138分



シャッターアイランドは精神疾患のある犯罪者を隔離収容する孤島の刑務所。そこで一人の女性患者が失踪した。捜査のため、連邦保安官のデディ(レオ)とチャック(ラファロ)が島へやってくる。事件は解決するのか、この島にはどんな謎がひそんでいるのか・・・。

以下、全くネタばれではありませんが、今後、少しの情報も得ずに鑑賞したい方は見ないでくださいね。
まあ、見ても問題無いと思いますけど。

More
[PR]
by chielie31 | 2010-04-28 08:13 | 映画

シネ通!~2010フランス映画祭~

a0161000_842624.jpg

シネ通は、週一テレビ東京などで放送されている映画情報番組です。
録画できない地方長崎なのですが、友人の好意でフランス映画際の回を観る事ができました! 良い番組ですね。
映画が観たくなります。

レポーターはフランス在住のオネェキャラ;タカちゃん
好きで、ブログはいつもチェックしています^^おすすめ♪
キュートで面白い。

フランスが誇る俳優ジェーン・バーキンやセシル・ド・フランス、マチュー・アマルリックなどが登場。
『アメリ』の映画監督ジャン・ピエール・ジュネも。
彼の最新作『ミックマック』は、コメディで、彼のこれまでの作品『アメリ』『デリカテッセン』などの集大成的作品とか。
かなり観たいです!

セシル・ド・フランスは、もうキュート過ぎて、ステキ過ぎて・・・。女性でも惚れそうな人。
めっちゃかわいい。
2歳半の子供がいるなんて知らなかった!
疲れを見せず、ずーっとニコニコしてるし、ますます好きになります。
友人は生で見れてたし、

一緒に写真撮ってたし、

握手してたし、

サインもらってたし!!!

夢のようです・・・012.gif

セレブな女性も憧れる、エルメスのバーキンをくたくたにして、中も整理整頓なんかせず、豪快に使っている、ジェーン・バーキン
豪快でステキでした。

『バッグの中身を全てさらけだしたって、その人自身の人生なんてわからないのよ。
ただの持ち物なんだから。
全部見せるわ。ほらほら。』

「ちょっとでいいのよ!」というタカちゃんを尻目に、全部出していました。
ステキです。さすが、バーキンさま。

値が張ったバッグなんかは、どうしても雨の日を避けて使ったりしてますのに、ワタシ。
比べる方がおかしいけど015.gif

フランス映画って日本未公開の作品が多くあるだけで、
作品自体はたくさん作られているんだと実感。

とくに地方ではなかなかお目にかかれないので、
公開作品はぜひとも見逃さないようにしたいものです。

いつの日か、フランス映画際の雰囲気を味わってみたいです。

シネ通の司会者?のメロディー洋子さん、すごくかわいいけど、自分の言いたい事を言いとおすところがありますわ・・・025.gif
あのレオさま(レオナルド・ディカプリオ)が話していて、自分の話とかぶってもやめないという・・・関係ないけど、こっちがヒヤヒヤしちゃった。

[PR]
by chielie31 | 2010-04-22 09:26 | フランス